かぁくん本紀自作CMS・自作サーバーにて運用中
鉄道 >

「1000系の二の舞にならないといいのだが」今日の南海+JR西日本乗車録(2022.9.2)

公開日時: 2022-09-02 23:59:59更新日時: 2022-09-03 00:00:37

行き

紀ノ川→和歌山市 C#7166 (7165F)

南海電鉄 7100系 7165F (C#7166)
今日のスタートはまたも代走車、そしてまたもハズレの7100系……

なんと今週の6815列車は火曜日の2003F以外全て代走車になってしまいました。
(ちなみに、昨日まで見かけていなかった2002Fについては、今日一応走っているのを確認できました。)

和歌山市→和歌山 クモハ226-1002 (SD02)

JR西日本 227系 クモハ226-1002
一方、こちらは当たりのSD02が入ってくれた紀和線運用。

期待していたSR05やSR12でこそなかったものの、久しぶりにお気に入りのSD02に乗れたのは嬉しいものです。

帰り

和歌山→和歌山市 クモハ227-1002 ( 〃 )

JR西日本 227系 クモハ227-1002
ところで、このSD02、新在家の227系の中で一番最初に川重を出場した編成なこともあってか、既に戸袋のシールに劣化の兆候が……

SD02の側面

和歌山線走行時に北側になる公式側側面はここまでではないものの、南海オタク界隈のかぁくんからすると、鉄道車両の塗装をシールで済ませた失敗例として南海1000系の帯が真っ先に思い浮かびます。

1000系の帯に関してはインターネット上では車両課の方々が対処に苦労したといった噂も散見されますが、今は227系1000番台がその二の舞にならないことを祈るばかりです……

和歌山市→紀ノ川 C#1001 (1001F)

南海電鉄 1000系 1001F
今週のシメはその1000系のトップナンバーで。

この1001Fを含め、検査に合わせて帯を塗装に変更した編成は少しずつ増えている1000系ですが、デビューから30年経った今でも帯のシールが劣化した状態のままの編成が複数存在しているのも事実。
30年後の227系1000番台がこうなっていなければいいのですが……(まあ、それ以前に和歌山線の慢性赤字のほうがが問題になりそうな気もしますが 苦笑)
この記事のタグ:
今日の乗車録