かぁくん本紀自作CMS・自作サーバーにて運用中
鉄道 >

「目標(未)達成の新春フリーパスの旅」(中編)今日の南海乗車録(2023.1.3)

公開日時: 2023-01-10 19:02:08更新日時: 2023-01-10 19:02:38(前編の続きです)
羽衣駅到着後は代行バス乗り場へ移動。

羽衣駅の代行バス乗り場 - 1

バス乗り場の入口はいかにも仮設といった雰囲気です。

羽衣駅の代行バス乗り場 - 2
羽衣駅の代行バス乗り場 - 3
運賃精算は高師浜方面へ行く際は羽衣駅で済ませてから乗車し、逆の場合は羽衣駅で降車後に精算するというユニークなスタイル。
路上のバス停に改札機を設置するわけにもいかないでしょうし、バスに載せられるタイプの改札設備をこのためだけに設計するのも余計なコストがかかるでしょうから、これが一番合理的なんでしょうね。

羽衣→高師浜 396号車

南海バス 396号車
高師浜線代行バスは南海バスの各営業所から集められたエアロスターでの運行。
たまにワンステップが混じっていたりしますが、車種のバリエーションには乏しいようです。

なお、代行バスに使用される車両は全て専属仕様に改修済み。

高師浜線代行バス車内

運賃精算の方法が通常の路線バスとは異なるからか、前後どちらの扉からも乗降できました。

で、バスはあっという間に高師浜の臨時バス停に到着。

高師浜駅代行バス乗り場

伽羅橋の臨時バス停は北・南双方とも一般道にありましたが、高師浜の臨時バス停は自治体所有の体育館の敷地の一部を借り受け、バス停及びバスの留置スペースとしていました。

高師浜→羽衣 402号車

南海バス 402号車
高師浜からの折り返しも同じ396号車になるかと思っていましたが、396号車は運転手さんの食事休憩の時間だったのかどこかへ回送されてゆき、代わりにやってきたのは402号車。

これに乗車して2つ目の目標も無事達成となりました。

羽衣→関西空港 C#8353 (8303F+8703F)

南海電鉄 8300系 8703F (C#8353)
羽衣からはとりあえず上り列車で難波に移動し、難波で昼食をとってから高野山方面に向かう予定でしたが、上り列車は予想以上の大混雑……

そんなときにふと下り列車を見てみると、着席こそできないものの混雑はそこまで激しくはない様子。

と、いうことで、予定を切り替え、関空で昼食をとってから関空の展望ホールで飛行機の撮影を行い、そのあと難波へ向かうことに決定。

やってきた空港急行は残念ながら8300系でしたが、これで関空に向かいます。

関西空港→難波 C#1009 (1009F)

南海電鉄 1000系 1009F
で、関空に着いてから食事を取ろうとしたところ、飲食店は観光客向けの価格設定になっているのか、どれもこれも大阪市内より3割増しくらいの価格という……

挙げ句の果てにはマクドナルドまで公式サイトの価格より明らかに高いと言う始末で、ここで昼食を取るのは関西人の節約根性が許しません。

そんなとき、Standing Flower氏に運用を確認してもらうと、どうやらお気に入りの1009Fが8303F+8703Fの後続で関空にやってくるとのこと。

そんなわけで、さっき立てた予定はさっそく放棄。
やはり当初の予定通り昼食は難波でとることにして、1009Fの空港急行を乗り通して再び難波に向かいます。

難波→橋本 C#6732 (6314F+6332F)

南海電鉄 6300系 6332F (C#6732)
ただ、関空に行っていた分当初の予定より遅れていることもあり、高野山方面に行くとすると難波では昼食の時間が10分程しか取れないという有様に()

しかたがないので(難波では定価通りの)マクドナルドで適当にテイクアウトし、素早くリュックに詰めて急行に乗車しました。

なお、Standing Flower氏は住吉大社で他の同行者と合流するとのことで、ここからはしばらくかぁくん単独行動です。

橋本→極楽橋 C#2353 (2303F)

南海電鉄 2300系 2303F (C#2353)
橋本から乗車するのは、やはり快適な2300系。

この2303Fは過去にも乗車したことがありましたが、極楽橋まで乗り通すのは初めてです。

なお、極楽橋周辺は日照時間の短い谷の地形になっているからか、年末に降った雪が予想より多く残されていました。

雪の残る極楽橋駅
雪の残る極楽橋

(後編に続きます)
この記事のタグ:
今日の乗車録